よりセキュアに、次世代へ

Windows11ワンストップ 導入支援サービス

まずは無料ご相談

次世代OS、Windows11の登場

テレワークの普及による様々な環境でのPC利用を考慮し、セキュリティ面の強化などを図る必要性が出てきた背景から、Windows 10 の次世代OSとして、Windows 11 が登場しました。

Windows11の特徴

01新UIの採用①タスクバー

Windows 95から伝統的に続いてきた左寄せのアイコン配置が変更され、Windows 11では、タスクバーのアイコン配置が中央ぞろえになりました。
中央にあれば少し視線を下げるだけでスタートボタンを見ることができ、ディスプレーのサイズがさまざまでも、視線を移動させる距離をほぼ一定にできます。

02新UIの採用②ウィンドウの分割

Windows 11 ではスナップレイアウトという画面分割の機能が強化されました。Windows 10 までよりもレイアウトのバリエーションが増え、さらに快適に複数のアプリを同時に利用できます。
また「スナップグループ」という複数アプリの配置を記憶しておく機能も追加されました。

03アップデートサイクルの変更

これまで Windows 10 では、比較的軽度な月1回の Quality Update(品質更新プログラム:QU)と、大幅な機能変更を含む年2回の Feature Update(機能更新プログラム:FU)によってアップデートされてきました。Windows 11 では FU が年1回に変更されており、Windows 10 もそのタイミングに合わせ年1回に変更されることになりました。
なおサポート期間については、各エディションについて Windows 11 の方が6か月長く設定されています。

04ハードウェア要件

リモートワークが増加したことで、これまで以上に強固なセキュリティが求められており、ハード、ID、OSという3層での一貫したセキュリティを担保する必要性があります。
そのため Windows 11 では、ハードウェアベースのセキュリティレベルを TPM 1.2 から TPM 2.0 とするなど、ハードウェア要件を引き上げることとなりました。

05ハイブリッドワークに
適した運用管理

テレワークの普及により、在宅勤務と社内勤務のハイブリッドでの働き方を採用する企業が増えており、社内だけでなく、社外のユーザーも考慮した運用管理が必要です。
新しい運用管理環境であれば、OSの定期更新だけでなく、PCの初期設定の自動化もMicrosoft クラウドを介して行うことができます。

Windows 11 導入時に
考慮すべきこと

consideration01

クラウドネイティブによる
新たな運用・管理手法

在宅勤務と社内勤務のハイブリッドワークを採用する企業の増加により、社内LANに接続しているユーザーだけでなく、社外のユーザーを考慮した運用管理への見直しが重要となります。
Microsoft Intune(Endpoint Manager) や Azure AD を用いたクラウドネイティブな環境の構築によりハイブリッドワークに最適な運用・管理を行うことができます。

consideration02

Autopilot による
新たな展開手法

従来のOSイメージを作成し各PCに展開する「クローニング」ではマスターの作成・管理に手間が掛かっていましたが、 Windows Autopilot の利用により、マスターの作成・管理は不要で、PCの初期設定をクラウドを介して自動的に短時間で簡単に行うことができるようになります。

consideration03

アプリケーションの
互換性

Windows 10 で動作していたネイティブアプリケーションに関しては基本的に Windows 11 でも大きな影響はないと言われておりますが、 Windows 11 では Microsoft Edge が標準ブラウザとなるため、従来の Internet Explorer を利用したWebアプリケーションにおいては互換性の考慮が必要となります。

consideration04

PCライフサイクルに
合わせた運用

今後の環境の変化に対応するためには、PCの選定、調達、キッティング、OSの更新、運用保守など、PCライフサイクル全体における柔軟な考慮が必要となります。
Windows 11 をきっかけに従来のPCライフサイクルの見直しについても検討のニーズが高まっています。

よりセキュアに、次世代へ。

Windows11の導入に関することはもちろん、
ワークショップの実施・各種ご相談も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずは無料ご相談

Windows11に関する
課題解決は
富士ソフトに
ご相談ください!

1.お客様に合った課題解決を行うトータルサポートを提供

お客様の安心・安全な Windows 11 の運用を総合的にサポートいたします。

ワンストップサービス

ハードウェア選定から運用サポートまで、すべてワンストップで対応可能です。

お客様に最適なプランニング

数多くのソリューションの中から、お客様に最適なプランをご提案いたします。

情報システム部門の負担を削減

煩雑な運用による情報システム部門の方々の負担を軽減するソリューションをご提供いたします。

2.実績と評価が証明する、安心と信頼の技術力

富士ソフトが提供するソリューションはそれぞれ確かな実績を有しています。安心してお任せください。

30年以上におよぶ強いパートナーシップ

長きにわたる マイクロソフト社との綿密な連携により、2018年のWindows 10 / Office 365移行支援センターの共同設立など、様々な共同での取り組みを行っております。

年間100社以上の Windows OS更新支援実績

Windows 導入支援サービスは年間100社以上への対応実績があります。要件定義やキッティング、更新環境の構築など、柔軟なサービスを提供しています。

日々進化し続けるマイクロソフト専門部隊

200名を超える マイクロソフト専任技術者による、確かな知識と最新技術で対応いたします。

よりセキュアに、次世代へ。

Windows11の導入に関することはもちろん、
ワークショップの実施・各種ご相談も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずは無料ご相談

富士ソフトのWindows11関連サービス

Windows 11 ワークショップ

Windows 11 に関する様々な要素について、実環境を用いたデモを交えつつ分かりやすく解説いたします。各種機能などの特長や導入時のポイントなど、理解を深めるために最適な内容となっております。

Windows 11 アセスメント

Windows 11 の導入に際して必要となる、環境の確認や事前に対応すべき事項の洗い出しなどのご支援を行います。お客様環境や運用方法をヒアリングし、想定される課題とその解決策などを具体的にご提示いたします。

Windows 11 導入・運用支援

Windows 11 の導入や、更新などの運用に関するご支援を行います。
Windows 10 からの移行やWindows Autopilot を用いた初期設定の自動化・定期更新の基盤構築など、幅広くご支援いたします。

デスクトップフルサービス

Windows 11 は導入できるハードウェアには条件があるため、導入と合わせて、今後のPCライフサイクルに合わせた運用の検討をお勧めします。デスクトップフルサービスであれば、煩雑なPCに関するすべての作業をアウトソーシングできます。

らくらくアップグレードforWindows

手間のかかるアプリの導入や初期設定を短時間で簡単に実施できるサービスです。USBまたはDVDを挿入して起動するだけなので、知識やスキルは不要です。

まずは無料相談
ページトップへ