microsoft ソリューション

  1. HOME
  2. 製品サービス
  3. Microsoft SQL Server SSD Appliance 導入支援

SSDベースのデータベースアプライアンス

Microsoft SQL Server SSD Appliance 導入支援

フラッシュメモリストレージを利用してSQL SERVER を高速化

概要

Microsoft SQL Server SSD Applianceは、Microsoft SQL Server 2012 Enterprise エディションとフラッシュメモリストレージ(SSD)を利用したハイエンドサーバを組み合わせた製品です。
OLTP(OnlineTransactionProcessing)からデータウェアハウスまで、あらゆるワークロードに対応することが可能です。

こんな課題に取り組みたいお客様に

・ビッグデータ分析
・DWH構築やリプレースを計画中
・大量データのバッチ処理を高速化

お問い合わせ

Microsoft SQL Server SSD Applianceの特徴

Big Dataを活用するような環境では、“フラッシュメモリストレージ”の利用をお勧めしています

フラッシュメモリストレージを利用したSQL SERVER の高速化

今までのシステムでは分析不可能であったBig Data 分析を実現

既存DBシステム 比較イメージ01

他社製DB システムでは1 日経っても結果が得られなかったクエリをわずか数秒(10 秒以下) で実行

既存DBシステム 比較イメージ02

夜間バッチ処理時間内に収まらなかった処理(1年分のデータ)を5年分のデータでも1時間で処理

ストレージ自体が巨大なメモリ

ワークロードを選ばないデータベースシステム

既存DBシステム 比較イメージ03

I/O の種類が異なるワークロードも同一の筐体で対応可能・DB サーバーのキャッシュにデータが乗った状態でも、乗っていない状態でも同様の高速パフォーマンスを実現します。


カラムストアインデックスとフラッシュメモリストレージの組み合わせで約120 倍高速になります。

インメモリDB/DB アプライアンスよりも高速で低価格

・他社インメモリDB
搭載メモリ量に応じてライセンス価格が跳ね上がる
搭載メモリ量を超えたデータ量では極端にパフォーマンスが低下

・他社DBアプライアンス
専用設計のため、非常に高価格
アプライアンスに合わせた大幅な設計変更が必要

・SQLServer+フラッシュメモリストレージSQL Server SSD Appliance
インメモリDB/DBアプライアンスよりも高速で低価格

検証したすべてのクエリは数秒(10秒以下)で完了
メモリをどれだけ搭載してもSQLServerライセンス価格は一定

お問い合わせ

導入フロー

富士ソフトでは、既存環境環境の調査から構築、運用サポートまで、すべてワンストップでご提供いたします。

ワンステップ

既存環境調査

既存環境を調査し導入に問題がないかを判定。
問題がある場合は課題としてまとめ、対応策とともに、導入前と導入後でどのように運用が変化するのかをまとめて提示。

提案

システム化の目標と方針を定義することで導入効果を明確にし、設計工程において指針となる要件定義書を作成。

設計・テスト計画

既存環境調査の結果および要件定義書をもとに最適な設計を実施、発生している課題に対する解決策を検証し、より安全な展開作業を計画。

構築

設計書に基づき導入計画を立案し導入計画書を作成、明確な作業内容とスケジュールで確実な構築を実現いたします。

運用サポート

マイクロソフト製品に関する操作方法や、マイクロソフト製品を利用した既存システムの課題・障害に関するお問い合わせに対して、解決に向けた回答・アドバイスをいたします。 さまざまな製品のお問い合わせに対して、豊富な実績をもつ専門チームが一つの窓口で、解決に向けた最適なサポートで対応いたします。
メールや電話・オンサイト等の適切な形態でサポートサービスをご提供いたします。

お問い合わせ

SQL Server SSD アプライアンス製品ラインナップ

ハードウェアは、代表的なハードウェアベンダーからご提供し、マイクロソフトと各社との強いアライアンスにより、高速なフラッシュメモリストレージ(SSD)を利用した SQL Server SSD Appliance 構成が利用可能です。
富士ソフトでは、お客様のニーズに合わせ、取り扱うメーカーからサーバー機器を選定し、最適なハードウェアでSQL Server SSD Appliance をご提案いたします。

お問い合わせ

ページトップへ